車を買う時は、売る時のことも考えよう

購入価格が同じでも査定額に差が出るのが車

PAGETITLE
車はご存知のように、新車価格が同じでも売る時には査定額が変わる不思議な商品です。
同じ車種、グレードで色違いでも、新車価格は同じなのに売る時は人気のない色ほど査定額が下がります。
車種が異なれば全く違う査定額が出ます。
車を購入する時は、少しでも安く買いたいと思うのは当然ですが、それと同時に少しでも高く売れる、つまり買取査定額が高くなる要素を持っている車を選ぶことも重要です。

たとえば色ですが、赤やピンク、ブルーといった好みの分かれる色よりも、白や黒、シルバーのように万人受けする色のほうが高く売れます。
次にオプションですが、純正オプションはプラスαの査定をしてもらえる要素になりますが、それ以外の装飾品は逆に値を下げる要素になります。
カーショップなどで購入した装飾品で室内、足回りなどをカスタマイズし過ぎている車は、いくらお金をかけたカスタマイズであってもマイナス要因ですので要注意です。
そして年式に対して走行距離が極端に多い車も敬遠されがちです。
新車への買い替えでは新車ディーラーに下取りしてもらう人も多いと思いますが、車種によっては下取りよりも買取専門店のほうが高く買い取ってくれます。
まだまだ需要がありそうな人気車種、状態の良い車なら買取専門店でも査定してもらうようにしましょう。

PICK UP! サイト情報