車を買う時は、売る時のことも考えよう

車を買う時は、売る時の査定も考慮した選択を

PAGETITLE
車を購入する時に、売るときのことを考える人は少数派ではないでしょうか。はじめから乗り潰すつもりなら別ですが、大抵は買い替え時に下取りしてもらいたいと思うのが普通ですから、考えてみればこれは妙な話です。
売るのが分かっているのに買う時に少しでも高い査定をしてもらえる選び方をしないのはもったいないと思います。
もちろん高い査定をしてもらうために好きでもない色を選んだり、乗りたくもない車種を選ぶ必要はありません。
しかしこだわりのない部分については売却時の査定が良くなりそうな要素を考慮する、というのが賢い選び方ではないかと思います。

例えば色です。
白や黒、グレーなどの無難な色に比べ、オレンジやピンクなどユーザーを限定してしまうような色、奇抜な色は売る時には査定額を下げられるポイントになります。
私も可愛らしい色は好きですから、どうしても乗りたい色があるのならそういうカラーを選べば良いと思いますが、もしも人気色が納入に時間がかかるなどの理由で妥協しようと思うなら、売る時の査定額のことを少し考慮していただきたいと思います。
そしてあまり自分好みにカスタマイズしすぎると、低い評価になってしまうことがあります。
せっかくお金をかけてカスタマイズして、査定が低くなるのはバカらしいので、売るつもりならやめたほうが良いでしょう。

PICK UP! サイト情報